籐椅子(ラタンイス)の修理

 

638.5.jpg 破れた、籐の網目。

 

 612.5.jpg

 

 ご依頼、多数頂いております!

 籐椅子(ラタンイス)の破れでお悩みのお客様におススメ。

 今回は、籐椅子(ラタンイス)の修理の工程と作業をご説明いたします。

 経年劣化により破れた籐部分をきれいに再生致します 

 しかしドクターシックスでは、実は籐椅子の修理は出来ないんです。

 破れた籐の網目の部分を新しい籐を張って修理するのは、椅子張り職人の

 得意とする分野ではなく、籐張り職人という職人が必要な作業となります。

 ドクターシックスにはその籐張り職人が在籍しておらず籐椅子の修理は

 残念ながらお断りいたしております。

 しかし、ドクターシックスでは、別の修理、再生方法を

 お客様にご提案いたしております 

 籐の網目の部分を新しい籐を張るのではなく、布やレザーなどを張り

 まったく新しい椅子に再生(リメイク)いたします。

 文面ではわかりにくと思いますので、過去の修理、再生例の写真でご説明いたします。

 

 010.5.jpg

 こちらは、イギリス製のアンティークの椅子。

 座面部分が籐で出来てあります。

 所々、破れや籐が伸びて全体的に

 底が下がっていました。この状態で

 日常ご使用するには支障があるということで

 したので今回は、座面部分を新たに製作し、

 修理再生してみたいと思います。

 

 

 016.5.jpg

 まずは、元々張ってあった籐の網目部分をカッターなどで

 きれいに取り除きます。取り残しのないように丁寧に作業を進めます。

 

 054.5.jpg

 新たに、座面部分となる底板を椅子の大きさ、形に合わせ製作します。

 写真右は、底板にウレタン、チップ等をのせ生地を張る前の状態です。

 

 058.5.jpg

 完成写真。どうですか?まったく新しい椅子に再生出来ました。

 座り心地も良くなり、快適にご使用できるようになりました。

 使用した生地はモケットのグリーン、アンティークの椅子の雰囲気にピッタリです。

 

 619.5.jpg 座面、背もたれ部分張替え

 

 623.5.jpg

 背中部分は籐の網目部分をを取り除き、生地を両面に張りあわせ仕上げました。

 もちろん、背中部分の中は補強もしておりますので、もたれかかっても全然大丈夫です。

 

 634.5.jpg 座面、背もたれ部分張替え

 

 636.5.jpg

 背もたれ表面にビョウを使いアンティーク調に仕上げました。

 

 648.5.jpg 座面、背もたれ部分張替え、木枠部分再塗装

 

 659.5.jpg

 木枠部分の塗装を剥離、研磨し再塗装を施してあります。

 雰囲気のある椅子に仕上がりました。

 

 670.5.jpg 座面、背もたれ部分張替え

 

 677.5.jpg

 ご依頼の椅子は、全部で4脚でした。2脚は座面のみ残りの2脚(籐の網目が破れてました)

 は背もたれ部分も張り替えました。2種類の椅子に仕上がりオーナー様も

 大変喜んでおられました。

 

 このように、ドクターシックスでは、籐の椅子をまったく新しい椅子に再生(リメイク)する

 ご提案を致しております。籐の網目より強度もまし、仕上がりも違和感がなく

 お客様に大変喜んでいただいております。

 今回の籐の椅子の修理、再生についてご質問、ご不明点等ございましたら

 お気軽にお問い合わせください。 

▲このページのトップに戻る